遅漏って早漏の人からするとうらやましいと思われているんですよね。

だって、早くイかないし、いつまでも腰を振ってられるし、そんだけ長いことピストン出来れば女性を喜ばせられるよね!

というのが早漏の立場の人からの率直な意見ですよね。

しかし、実は、遅漏の悩みは早漏より深いんですよね。
だってイケないんだもん。

女性の立場からすると、

長くすりゃいいってもんじゃない!

なんて意見もあるくらいです。
今回は、そんな遅漏の方に、遅漏についての正しい理解とその解決法を紹介したいと思います。

そもそも遅漏ってなに?

そもそも、遅漏ってのは、「膣内射精障害」とよばれ、オナニーでは射精できるけど、セックスではなかなか射精に至らなかったり、射精ができない状態のことです。

オナニーでは射精できるのに、セックスとなると射精できないってことは、かなりストレスですよね。
それに、早漏の人からすると羨ましがられるのもはっきり言ってストレスです。

早漏なんて、何度でもすればいいわけですもんね。
一度イッたからといって、そこで終わらずに、2回も3回もイケるなんて、遅漏からすると逆にうらやましい限りです。

お互いに無い物ねだりで、うらやましがっていても何も改善しないので、自分の置かれている状況をしっかりと把握して、その悩みを改善していきましょう!

遅漏の原因は?

遅漏の原因は、心理的なものもありますが、最も大きな原因は、オナニーです。

オナニーが原因というと、やり過ぎが原因と思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。

オナニーのやり方に問題があるんです!

例えば、気持ちがいいからといってカリの部分を刺激し続けるとか、亀頭を刺激しまくっているなどという場合は注意が必要です。
刺激に慣れてしまうことによって、挿入時に感じる刺激が物足りなくなってしまいます。

他にも、布団や壁にこすりつけてオナニーをしていたり、包皮を強く早くずらしながらのオナニーや、ペニスの根元を強く圧迫したり、射精時に足をピンと延ばす足ピンオナニーなど、通常のオナニーではしないような方法でオナニーをしていると遅漏になってしまいます。

心当たりのある遅漏の人は、オナニーの改善が必要不可欠です。

基本的に、過剰な刺激を与えるオナニーは、セックスの際の挿入時に得られる感覚とは大きく違って刺激も強いものなので、女性の膣への挿入の快感では射精に至らない原因となってしまうんです。

また、精力が落ちてしまうことも遅漏の一因となります。

遅漏だからと諦めるのではなく、改善策にしっかりと取り組んで、健全なセックスライフを取り戻しましょう!

遅漏改善のための3つの秘訣

遅漏を改善するために、重要なことは、

継続した取り組み

です。

どんなことでもそうですが、これまでの継続的な習慣が、遅漏の原因になっているので、新しい習慣を継続することが最善の改善方法です。

当然、時間もかかるし、根気も必要になるので、遅漏をきちんと解決したいのであれば、しっかりと遅漏を改善して、セックスを楽しむぞ!という強い決意をもって取り組んで下さい!

では、その3つの秘訣を紹介していきます。

オナニーの改善

オナニーの改善がもっとも重要です!
通常のセックスの刺激では得られない刺激を得ることをオナニーでしている場合は、そのやり方を一切やめましょう!

刺激を少なくして、それで射精までいくようなオナニーを心がけます。
オナニーに厚手のコンドームを使用する方法で、オナニーすることは効果があります。

また、オナホールを使って、オナニーすることで、実際に挿入したときの感覚が得られるので、オナホールオナニーはおすすめです!

この時に、実際にセックスをしているイメージを持つことが重要です。
セックスしているイメージと、オナホールの快感が一致することで、本番行為でもオナニー同様に射精できるようになります。

また、オナ禁も効果的です。

オナ禁神話その真実は?

で紹介していますが、理想的なオナ禁サイクルは7日ですので、最もテストステロンが高まった時にセックスをすることで、低刺激でも十分射精に至ることができるようになります。

もちろん、低刺激のオナニーになれることがもっとも重要ですが、テストステロンの分泌サイクルも考慮することで効果的な遅漏改善につながります。

また、オナニーの際は、AVを観るのではなく、画像や想像力を働かせてやってみましょう。
過激なAVは想像力を働かせることなく、自然と脳内に入ってくるので、無意識に強い刺激を受けていることになります。
なので、実際にセックスをする時に目の前の女性の裸だけでは、刺激が足りなくなってしまうということも考えられるので、できるだけ、自分の想像力を使うようなオナニーをすることが重要になります。

毎日オナニーをするのではなく、3日に1回、このような低刺激オナニーに取り組むことで、遅漏の改善につながりますので、根気よく取り組みましょう!

筋トレ

これは意外に思われるかもしれませんが、遅漏対策に効果的なのが、筋トレなんです。
遅漏の原因の一つに、精力の低下が挙げられます。

精力を上げるには、体力を上げるしかありません。

体力を上げるには、筋肉を付ける筋トレが有効なんです。

英雄色を好む

なんて言葉がありますよね!

一流のスポーツ選手は、精力絶倫です!

あのタイガー・ウッズなんてセックス依存症ってくらい精力あったわけで、イチローも愛人騒動がありましたよね!

なので、しっかりとした筋トレを行うことで、遅漏の対策になるわけです。

一人ではできないので、今一番ホットな方法は、やはりライザップですね。

ライザップで理想の身体を手に入れて、さらに遅漏まで改善されるなら言うことなしですね!

イメージトレーニング

最後の秘訣は、イメージトレーニングです。

先に紹介した2つの秘訣でも、イメージすることが大切といっていますが、いざセックスするときのイメージも重要です。

どうしても、相手がどう思うか、射精できるかなどと考えてしまうかもしれません。
遅漏に悩んでいる方の中には、

早漏は悪!

と思ってしまっているがために、遅漏になってしまったという方もいます。

しかし、そのようなマイナスなイメージを持つのではなく、今感じている快感やエロチズムを楽しむようにして下さい。

今まで、セックスをして最高に気持ちよかった場面をイメージしたり、過去のイメージと重ね合わせるのも効果的です。

プラス思考のイメージをもって、セックスを楽しむ。
これだけでかなり違ったものになることは間違いありません!

遅漏克服のためのちょい技!?

紹介した3つの秘訣をしっかりと実践すれば、遅漏の改善は目の前です。
ただし、何度もいうようですが、継続が最も重要です。

2.3日や1週間取り組んだところで、遅漏を改善することはできませんので、もっと長いスパンで根気よく取り組むようにしましょう!

続いて、実際のセックスに挑む際のちょっとしたポイントを3つばかり紹介します!

酔っ払った状態ではセックスしない!

酔った状態は、早漏にとってもイキにくい状態に陥ります。
まして、遅漏であるのなら、朝まで腰を振ったとしてもイケないでしょう!

とは言え、お酒を飲まないと誘えないという人もいるでしょうから、酔わない程度に抑えるように注意しましょう!

前戯なしでのファストセックス!?

スローセックスは古い?若者はファストセックス?」で紹介しましたが、前戯無しでのセックスというのも意外と効果的です。

というのが、長過ぎる前戯が原因で、挿入時の快感が軽減し遅漏になっていることもあります。
なので、いきなり挿入することで、新しい快感を感じて遅漏が改善されるんです。

最近では、ファストセックスも女性に受け入れられているので、イキナリ挿入プレイを試してみてはどうでしょうか?

オナニーを鑑賞し合う!?

ある意味変態プレイですが、お互いのオナニーを鑑賞し合うことで、もう我慢できない!ってなった時に挿入すれば、すぐに射精することができるでしょう!
普段のノーマルなセックスにマンネリ感を感じている場合にも有効かもしれません。
普段とは違ったエロチズムが感じられ、強い快感を得られるはずです!

さいごに

遅漏の改善の秘訣を紹介してきましたが、役立つ情報はあったでしょうか?

最初に言ったように早漏の人からは羨ましがられる遅漏ですが、遅漏からすれば、なんとか改善したいと考えていることは間違いありません。
早漏の人も早漏を改善したいと思っているように、遅漏も改善する必要があるわけですね。

女性はなかなかオーガズムを感じられないという一般常識的な捉え方をされていますが、実際のところは、すぐにイケる女性もいます。
男がきちんと女性の性感を高めていないだけで、独りよがりセックスで勘違い野郎が多いだけなんですね。

イケない女性が7割以上もいるわけですが、長く挿入し続けたからといってオーガズムを感じられるというわけではありません。

お互いを感じ、より深い快感を感じることで一緒にオーガズムを得ることがセックスの最大の魅力です。
ぜひ、遅漏を改善し、パートナーとお互いに満足できるセックスを楽しんでください!