日本最大のセックスに関する調査

ニッポンのセックス

をご存知ですか?

世界に目を向けるとたくさんの性に関するおもしろい調査を実施していることがわかりますが、英語で書かれているので、読むだけでも一苦労ですよね。

実は、日本でも、コンドームメーカーの相模ゴム工業株式会社が日本最大級のセックスに関する調査を実施しているんです。

それが「ニッポンのセックス

めっちゃおもしろい内容だったので、調査項目を紹介しながら、管理人の解釈を紹介していきます。

ニッポンのセックス調査概要

まずは、ぞの調査内容について、紹介します。

調査時期:2013年1月
調査対象:20代〜60代男女(47都道府県)
調査人数:14,100人(1都道府県300人、性別同数)
調査方法:WEBアンケート

このようにかなり大規模な調査になっています。

何と言っても調査人数が14,100人もいるわけですから。

ちょっと気になるのは、人口の大小にかかわらず1都道府県300人ということなので、純粋にその都道府県の傾向を示したものにはならないというところ。

例えば、人口約1,360万人の東京に対して、人口約57万人の鳥取県の300人ではまったく意味合いが違ってきます。

ま〜その辺のことを理解した上で、調査結果や都道府県別ランキングを見てもらえるとおもしろいと思います。

調査項目は?

調査項目は次のようなものです。

  • あなたの恋愛対象を教えてください。
  • 結婚相手・交際相手がいる方に対して「そのお相手以外にセックスをする方はいますか?」
  • セックスフレンド、浮気相手とはどこで出会いましたか?
  • セックスをする相手がいない方へ「セックスをしたいと思いますか?」
  • あなたは現在結婚していますか?
  • 未婚の人に対して「あなたは交際相手がいますか?」
  • あなたはセックスの経験がありますか?
  • セックス未経験者の方に対して「あなたはセックスをしたいと思いますか?」
  • あなたの初体験は何歳ですか?
  • あなたの初体験の相手はどのような方ですか?
  • あなたの今までの経験人数は何人ですか?
  • この1ヶ月でどの程度マスターベーションをしましたか?
  • 結婚している、交際相手がいる、セックスする相手がいる人に対して「そのお相手とは1ヶ月にどの程度セックスをしていますか?」
  • 浮気相手がいる方に対して「そのお相手とは1ヶ月にどの程度セックスをしていますか?」
  • 既婚者・交際相手がいる方に対して「結婚相手、交際相手と世間一般に言うセックスレスだと思いますか?」
  • セックスが少ないと答えた方に対して「もっとセックスをしたいと思いますか?」
  • 前問にて「もっとセックスをしたい」と答えた方に対して「なぜご自身の希望よりもセックスが少ないと思いますか?」
  • セックスをしたくないと思う理由

この質問の中で一番気になる質問はどれですか?

わたしが気になるのは、

セックスをしたくないと思う理由

です。

この理由がわかるなら、それを解決できればセックスできちゃいますからね。

ではその調査結果を紹介します。

セックスをしたくないと思う理由

男性、女性に分かれたグラフになっていますが、

男女とも

年齢的にもう良い

面倒くさい

仕事や家事などが忙しく疲れている

という理由が共通しています。

一方で、女性に多いのは、

結婚(交際)相手に愛がない

性欲がない

という回答が高いのに対し、

男性は

セックスよりもマスターベーションが良い

という回答が多くなっています。

この悲しい結果は、真摯に受け止めなければならないでしょう(汗)

つまり、男は、性欲があって、相手に対して愛があるにもかかわらず、女性からは愛がないと思われ、女性自身も性欲があるわけじゃないので、セックスをするにしてもしょうがなしにやっている可能性があるということです。

言い換えると、女性は、性欲がなくてセックスをしたくないにもかかわらず、愛がないくせに男はただやりたいだけだと思ってしまっているようです。

で、この状態がつづけば、男性も雰囲気を察して、セックスするよりもマスターベーションするほうが面倒じゃないし、気持ちいいと思っちゃっていまうわけですね。

まさに、「出口のないセックスできない迷宮!?」に入り込んでしまうかのような結末が待っているわけですね。

これって哀しくないですか?

やはり、パートナーと愛を感じながら、気持ちのいいセックスがしたいですよね。

そのためには、セックスをよりサプライズな今までに感じたことのない快感を得られるものにする必要があります。

男性は、女性のことをもっと研究し、気持ちよすぎて気絶するような快感を与えられるようにならないと先はありません。

魅力的な男性は、いくつになっても魅力的です。
それは、女性のことを研究し、女性を喜ばせる術を知っているからです。

やはり、満足のいく性生活を送るためには、女性を喜ばせる術を身に付けないといけませんね。

都道府県別ランキング

最初に説明したように、都道府県別にすると人口差があるので、この結果が全てではありませんが、ちょっとした話のネタになると思います。

気になるランキングを抽出してみました(笑)

性生活の満足度ランキング

満足度第1位は

鹿児島県 55.8%

一方、満足度最下位は

愛媛県 46.2%

一覧はこちら

初体験年齢ランキング

もっとも初体験が早いのは

沖縄県 19.6歳

そして、最も遅いのは、

茨城県 21.1歳

一覧がこちら

もっと早いのかと思いきや、20歳前後なので10代の人たちは安心してください。

高校生の時に処女喪失、筆おろししてるのなんてほんの一部ですよ!

管理人が高校生の時は、誰がやったとか噂話が飛び交ってましたが、ほんの一部だけの話だったんですね。

やはり熱い地域である沖縄は肌の露出も多くなるので、早いんでしょうか?

経験人数ランキング

経験人数の第1位は、

高知県 12.4人

これは、2位沖縄県の10.2人を大きく引き離しての1位です!

経験人数最下位は、

埼玉県 5.3人

首都圏に近い都市が最下位というのがビックリですね!

一覧はこちら

経験人数は意外と多いんですね。

人によっては、結婚相手だけとかもいるんでしょうけど、結構たくさんの経験があってビクリ!

もしかして、これって風俗の数もはいってるかもしれませんね(笑)

1ヶ月のセックス回数ランキング

注目の1ヶ月のセックス回数第1位は、

佐賀県 2.79回

最下位は

大阪府 1.52回

一覧はこちら

これは、DULEX(デュレックス)が調査した内容より少ないですね。
DULEX(デュレックス)の調査によると、日本人の年間セックス回数は48回なので、月にすると4回。

「ニッポンのセックス」の調査のほうが調査数が多いので、こちらの調査のほうがより現状に近いかもしれません。

個人的には、オナ禁効果が最も高い7日に1回つまり、週に1回することで男の魅力を保ってもらいたいので、ぜひあなたには頑張ってもらいたいものです(笑)

浮気率ランキング

最後は、浮気率ランキング!

名誉ある!?第1位は

島根県 26.5%

そして最下位は

秋田県 15.4%

一覧はこちら

4組に1組は浮気をしているという衝撃的な結果!?ですが、

それが、都道府県別人口46位の島根県というんだからさらにビックリ!

これだけ人が少ないところで、4組に1組浮気してるってどういうこと?

まー神話の国である出雲の国の「オオクニヌシ」は浮気性だったらしいので、その伝統を受け継いでいるのかもしれませんね(笑)

さらに詳しい内容は、
相模ゴム工業株式会社の「ニッポンのセックス」でご覧になることができます。

また、このページで使用している図などは「ニッポンのセックス」から引用させていただきました。

最後に

あなたの都道府県はどの位置にランキングしているかをチェックしたことだと思いますが、どうでしたか?

日本でこれだけ大規模な性に関する調査はこれから先もあまりないかもしれません。

世界に目を向けるといろいろとおもしろい調査があります。

重要なのは、性について良くないもの、オープンに話してはいけないものとしてタブーにするのではなく、セックスにしっかりと向き合い、真剣にパートナーと話し合うことです。

パートナーとの良い関係を築くためには、避けて通れないのがセックスです。
他のことは真剣に話すのにセックスについて話さないのは、おかしなことだと思いませんか?

恥ずかしいと思うことだからこそ、パートナーとならできるわけで、それだけ相手のことを信頼しているのに、どうしてほしいとかどうすれば気持ちいいとかもっとお互いを知るべきです!

コミュニケーションをしっかり取るからこそ、よりお互いのことがわかり、お互いをさらに深く感じることができるわけです。

ぜひ、これを期に、パートナーとセックスについて話し合って下さい!

もちろん、そこで、ペニスが大きい方が良いということになるのなら、増大サプリを試してみることもいいでしょう!

管理人のNo.1おすすめ増大サプリはこちら!

日本の会社が日本人向けに開発した安心のペニス増大サプリ
男の自信をお届します!メンズサプリメント【ゼファルリン】
↓↓↓↓↓